女心が嫌う微妙な言葉遣い

女心が嫌う微妙な言葉遣い

女心嫌う微妙な言葉遣いがあります。悪気はないのに、女心を傷つける言葉。あなたはどんな言葉だと思いますか?女性は基本的に自分が否定されると傷つきます。傷つくは少しオーバーかもしれませんが、失言した人を嫌いになります。好きな人の前での言葉遣いは注意が必要です。今回は女心が嫌う微妙な言葉遣いについてご紹介します。

 

女心が「ブス、臭い、汚い、デブ、チビ」このような言葉に傷つくのはわかりますよね?これは明らかに女性を侮辱した言葉です。こんなことを言われたら女心は一瞬で傷つき、二度と会いたいと思わなくなるでしょう。でも、こんなわかりやすい悪口ではなく、無意識に、相手の女性を傷つけるつもりがなく言ってしまう言葉・失言があります。どんな言葉かわかりますか?

 

1つはアドバイスしているつもりが女性をけなす言葉になっている時です。例えば、女性が毎日近くの道路をジョギングしている、と言ったとします。それを受けて、男「コンクリートの上を走ったら足を痛めるからジョギングなんかやめた方がいいよ。」この言葉は男にとってはアドバイスのつもりかもしれませんが、言われた女性は傷つく人が多いでしょう。女性が一生懸命がんばっていることですから、他の言い方をする方がベターです。また、香水をつけている女性に「香水は臭いからつけない方がいいよ。」こんなことを言われた女性はもうその場にはいられません。アドバイスするにしても女心を傷つける言葉遣いをすると嫌われる原因になります。

 

また女性を道具扱いする言葉も女心は嫌います。例えば、女性を目の前にして「俺は洗濯が苦手だから洗濯してくれる人と結婚したいな♪」「俺は掃除が苦手だから掃除してくれる人と結婚したいな♪」女心を傷つけるつもりがなくても、この言葉遣いは、女性を侮辱した発言にとられても仕方ありません。女性は洗濯するために、掃除するために結婚するわけではないのです。思いやりのない発言ととられ、嫌われてしまいます。

 

このようにストレートに女心をけなす言葉でなくても傷つけていることがあります。女心は常にお姫様願望をもっています。大事にしてくれる、大事にしてくれそうな男に好意をもちます。迂闊に自分の考えを述べず、これを言うと女心がどう思うか?と配慮することが大切です。そのためにできるだけ女性心理を理解しておきましょう!

 

あなたは好きな人が嫌う言葉遣いをしていませんか?

 

 

女性心理をしぐさから知る方法TOPへ戻る

誘われる男はLINEがうまい!

女性にそのLINEはまだ送るな!

→ すんなり女性の心に入れるLINEの仕方





最新記事