女性が機嫌を損ねる会話

女性が機嫌を損ねる会話

女性機嫌損ねる会話の仕方をあなたはしていませんか?

 

男同士なら問題ない会話も女性には通用しないことがあります。

 

深く傷つけてしまったり、嫌われてしまったり。
できれば好きな人にそんな会話の仕方をしたくないですよね?

 

そのためには、女心がどんな言葉に傷つきやすいのか?嫌なのかを知っていないといけません。

 

ということで、今回は女性が機嫌を損ねる会話の仕方の一部をご紹介します。

 

 

 

完全否定・全部否定はダメ
女性の意見、考え方に対して、頭ごなしに完全否定、全部否定するのはいけません。それをしてしまうと以後、あなたに心を開いてくれなくなります。

 

女心は、”賛同してほしい”と思っています。

 

女性があなたと違う意見、考えをもっていたとしても頭ごなしに否定することはやめましょう。

 

もし、どうしても彼女と違う意見を言いたい場合は、1度女性の意見に賛同してから言いましょう。

 

いきなり、「君の考えは間違っている。」と言ってしまうと、それ以上何も言わなくなってしまいます。

 

 

 

相手の悩みを軽く考える

女性は自分と対等な立場で真剣に向き合ってくれる人に好意をもちます。

 

女性の悩み、考えを上から目線で軽く見る人には、心を開いてくれません。

 

「そんな小さなことで悩むなよ。」
「君は考えすぎ。」

 

男としては励ますつもりで言っている言葉かもしれませんが、女性心理からすると「この人、私の気持ちをわかってくれない。」と思います。

 

女心は、”同意してほしい”と思っています。

 

女性の悩みは、同じ立場で考えてあげましょう。

 

 

 

”まとめ”てはだめ

男は会話に結論を求めます。

 

過程よりも結論を聞きたいと思います。

 

そのため女性の長い話を聞くと、

 

「つまり、君の言いたいことは、〜ということだね。」

 

と、まとめて、一言で片付けようとしがちです。

 

これをされると女心としては、馬鹿にされているような印象を受けます。

 

「最初から一言で言え!」

 

と言われているような気持ちになります。

 

あまりよい印象を受けません。

 

男は、だらだらとした会話を好まないため、つい人の話をまとめがちですが、まとめるのは自分の頭の中だけにして、口に出さないように気をつけましょう。

 

 

 

質問されたら、同じことを質問してあげる

女性から質問されることがあります。

 

それは本人が”知りたいから聞きたい!”という気持ちもありますが、
女心には、自分に”聞いてほしいから質問する”という考えもあるのです。

 

例えば、女性があなたの誕生日を聞いたとします。
あなたは普通に答えますよね?

 

もしあなたの誕生日を答えただけでやめてしまったら、女性はがっかりしてしまうかもしれません。

 

なぜなら自分の誕生日を知ってほしくてその質問をしたかもしれないからです。

 

もしかしたら彼女の誕生日が近いのかもしれません。

 

お祝いして欲しいと思っていたのかもしれないのです。

 

でも自分から「私、今度の日曜日が誕生日なの♪お祝いして♪」とは言えないですよね?厚かましい印象を受けますから。

 

だから、あなたから聞いて欲しいと思っていることもあるのです。

 

質問されたら、同じことを相手にも質問してあげることが会話のマナーです。

 

 

 

女性が機嫌を損ねる会話の仕方はいろいろあります。

 

女心特有の受け取り方、気持ちがあるので、女性を傷つけないように気をつけましょう!

 

 

女性心理をしぐさから知る方法TOPへ戻る

誘われる男はLINEがうまい!

女性にそのLINEはまだ送るな!

→ すんなり女性の心に入れるLINEの仕方





最新記事