女心が不快に感じる言葉

女心が不快に感じる言葉

女心が不快に感じる言葉を考えたことがありますか?無意識の内に好きな人を不快にさせていたら、折角の恋も成就しません。1、2回のデートで振られてしまうということもあり得ます。デート中に女心を不快にさせないために、事前に女性に言ってはいけない言葉を把握しておきましょう。

 

男が女性に言いがちなのが上から目線の言い方です。女性を見下した言い方をするのは控えましょう。その一つに相手を決め付けた言い方をするのは、女心を不快にさせます。例えば、料理ができない、掃除ができない、政治のことがわからない、電化製品のことを知らない、パソコンの扱い方がわからないなど。これらのことを女性ができないと決め付けて発言することは女心を不快にさせます。女性のことを決め付けないで、知っているか知らないかがわからなければ聞いてみましょう。

 

また恩着せがましい言葉の使い方をするのも女心は不快に感じます。「〜してあげる、〜してあげようか?」など折角、気を遣っている言葉なのに、上から言っている感じがするのでよくありません。女心も「やりたくないならいいわよ!」と怒ってしまいます。好きな人に気遣いする時は、同じ立場にいる言葉の使い方をするように心がけましょう。ちなみにある奥さんが赤ちゃんの世話をしている時に、旦那が「手伝おうか?」の言葉にムカついたそうです。女心は複雑です。^^;

 

他にも前の彼女を匂わせる言葉も女性を不快に感じさせます。デート場所で彼女が「ここ来たことあるの?」あなた「うん、前の彼女と何回かね。」、彼女「腕枕は腕が疲れるでしょ?いいよ、無理しなくて。」あなた「大丈夫、慣れているから。」、またホテルのタオルの置き場所が一発でわかる、など(これは言葉ではありませんが)前にも彼女がいたことはいけないことではないですが、それを匂わす言葉を言うと女心を不快にさせてしまうので、気をつけてくださいね!

 

あなたは無意識に好きな人を傷つけていませんか?

誘われる男はLINEがうまい!

女性にそのLINEはまだ送るな!

→ すんなり女性の心に入れるLINEの仕方





最新記事