意図的に好きな女性と会話するきっかけを作る

意図的に好きな女性と会話するきっかけを作る

恋愛は会話しないことには発展しません。

 

女性からあなたに一目惚れしたなら話は別ですが、あなたから好意をもつ女性を口説く場合は、会話は必須になります。

 

といっても全く接点がない、一目惚れした場合など好きな女性と会話するきっかけがないことも多々ありますよね?

 

そんな時は自ら意図的に会話するきっかけを作るという方法があります。

 

それは簡単にいうと、

 

  • わざと〜する
  • 〜なフリをする

 

です。つまり、芝居・演技をするのです。

 

このテクニックを使えば、あなたは好きになった女性と会話するきっかけをつかめるでしょう。

 

 

どんな芝居・演技をする?

 

芝居や演技の仕方は、あなたの今の状況、好きな女性の状況によっても違ってきます。

 

あなたなりのベストな方法を考えてもらいたいのですが、いくつか例をあげますと、

 

 

)大学生の場合

 

  • 講義にわざと遅れて(または欠席)行き、その日の講義の内容を聞く
  • わざと欠席した講義のノートを見せてもらう
  • 女性の目の前で物(教科書やペン)をわざと落とす(拾ってもらう)
  • わざとわかっている勉強を教えてもらう

 

 

)社会人の場合

 

  • 偶然を装って退社時間を合わせて帰る
  • ひとりでできる仕事をわざと手伝ってもらう
  • 特に困っていないけど、仕事の相談をする
  • わざと軽いミスをして女性につっこませる

 

他にもあなたの状況や立場によって芝居の仕方は変わってくると思います。

 

あなたなりの自然な態度や行動でこなせるきっかけを作ってみるとよいでしょう。

 

 

 

一目惚れで好きになった女性が、向こうからあなたに話しかけてくることがあれば楽ですが、そういう夢みたいな話は滅多にありません。

 

恋愛は行動することが大事です。

 

待っていても好きな女性を彼女にすることはできません。

 

会話するきっかけがなければ自分で行動して作ることも必要です。

 

どうしても彼女にしたい女性ができた場合は、この意図的に会話するきっかけを作る方法でアプローチしてみてくださいね!




意図的に好きな女性と会話するきっかけを作る関連エントリー

最新記事