怒ると無口で黙る女心の心理

怒ると無口で黙る女心の心理

怒ると無口黙る女心の心理ってわかるでしょうか?

 

ケンカしたり、何か不満がある時に女は黙りがちです。

 

突然無口になって無視し、口をきかなくなります。

 

男からすると「え?何?」とわけがわからないですよね・・・。

 

言ってくれないと。

 

でも、女は言ってくれません。黙ったままです。

 

一体どうして女は怒ると無口になってしまうのでしょうか?

 

 

察して!

 

どうして女が怒ると無口になるかというと、

 

「考えたらわかるでしょ!」

 

と思っているのです。

 

他にも女の心理としては、

 

「自分で思い出して!」

 

「自分の胸に聞いてみたらわかるはず!」

 

「私の態度や行動でわかるでしょ!」

 

「あたしの口から言うのは簡単だけど、それじゃ意味がない!」

 

「あたしの口から言って理解しても、それは本当の反省にならない!」

 

「あたしの口から言って謝られても嬉しくない!」(上辺だけでしょ!建前だけでしょ!本気で悪いと思ってないでしょ!)

 

「真剣に反省して!」

 

「ちょっとは困りなさい!」

 

「いい気味だわ!」

 

などなど。

 

怒っている女にとっては、「こんなわかりやすいことはない!」と思っているのですね。

 

そりゃ本人は自分のことだから何で怒っているのかわかりますよね?^^;

 

でも、男はわかりません。女の子が何が原因で怒っているかなんて。

 

そんな男心は考えず、女は怒った時は自分のことしか考えていないのです。

 

なので、男としては女心を察してあげないといけません。

 

察してあげないと女の子とのケンカはいつまでたっても終わりません。

 

そんな時は、過去のあなたの行動をよく考えて、思い出してみましょう。

 

 

女は我慢する生き物

 

すべての女ではありませんが、女(特に日本女性)は、不満があっても我慢する傾向があります。

 

もちろん、わがままはいけませんし、我慢するところは我慢しないといけません。

 

でも、我慢しすぎてしまうとある日突然爆発してしまうのです。

 

それが怒った時です。

 

日頃から彼女の様子を観察して、不満がたまっていないか?ストレスを与えていないか?など注意することが大切です。

 

 

 

女の子は怒ると手がつけられません。

 

なだめるのに苦労します。^^;

 

無視されたり、無口になったら男としても手の出しようがありません。

 

そうならないためにも、日頃から女の子の不満をためないようにケアしていきましょうね〜^^

怒ると無口で黙る女心の心理関連エントリー

最新記事