雨を出会のきっかけにするコツ

雨を出会のきっかけにするコツ

雨の日に駅の改札口やお店の軒下で、雨宿りしている女の子を見たことはないでしょうか?

 

空を見上げて「早くやまないかな・・・」という表情をしている女の子。

 

きっとどこかへ行きたいのだろうけど、傘を持っていなくて足止めをくらっている子。

 

突然の雨やゲリラ豪雨だとなおさらこういうシーンをよく見ると思います。

 

 

 

そんな時、あなたが傘を持っていたら・・・。

 

「どこまでですか?そこまで送りましょうか?」

 

こんな声かけができると思います。

 

いわゆる、これが出会のきっかけです。

 

 

 

こういう小さな出会いから知り合いになり、友達になり、恋愛に発展するということもあるのです。

 

 

男の親切心からの女の心理

 

雨の日に傘がなくて困っているわけですから、突然知らない男に声をかけられても、それほど警戒心をもちません。

 

男も親切心で声をかけているわけですから。(という前提)

 

警戒心の弱い女の子なら、普通の親切心ととり、「あ、いいですか?お願いします♪」となります。

 

 

 

もちろん、それでも断る女性もいます。

 

断る理由も様々です。

 

  • 友達が迎えに来てくれる予定になっている
  • そんなに急いでいない(雨がやむのを待つ)
  • 折り畳み傘をもっているけど、時間をつぶしているだけ
  • 彼氏や夫がいるから相合傘はできない(見られたら困る)

 

などなど。

 

 

 

誘いを断るにしても様々な理由が考えられるので、そこは落ち込まずに次に行きましょう!

 

 

誘いに成功したら

 

相合傘で女の子の目的の場所まで送っている間に会話をします。

 

ここでどれだけ会話して親しくなるかが勝負です!

 

できるだけ楽しい会話をするように心がけましょう〜

 

 

 

「いやー、雨の日は困りますよねぇ〜。」

 

など、何気ない会話から入って女の子と会話します。

 

そこでなるべく怪しい男ではないことをアピールし、女性の警戒心を解きます。

 

警戒心がとければ、「まだ時間ありますか?そこのカフェで時間まで休んでいきませんか?」などと誘うとOKしてくれる確率もあがります。

 

そこからどんどん仲良くなっていき、連絡先の交換もできれば成功です♪

 

 

折り畳み傘を持ち歩く

 

折り畳み傘を1つ鞄の中に入れて持ち歩いていると、突然の雨でもすぐに対応できます。

 

雨の日は、雨がやむのを待っている女の子に自然に声をかけられるチャンスの日です!

 

出会のチャンスと思えれば、多少は努力をしましょう〜

 

 

 

好みのタイプの女の子に声をかけられるチャンスですよ?

 

成功するかどうかは声をかけてみないとわかりません。

 

断られれば、さっとその場を立ち去るだけです。

 

恥ずかしいことではありません。

 

親切心のある勇気ある行動です。

 

心に余裕のある大人の対応です。

 

実践あるのみです!

 

 

 

今回ご紹介した方法は、出会のきっかけとしてですが、その下心がなく、普通に親切心から行っても全く問題ない行動です。

 

あなたが傘を持っていて、時間に余裕があるなら、是非行動してみてください♪

 

良いことをしているわけですから、自信をもって声をかけましょう〜

 

 

 

成功すれば、好みのタイプの女の子と僅かな時間でも会話できます!(ブスはパス?)

 

これはチャンスです!またとないチャンスです!

 

お茶できなかったり、連絡先の交換ができなくても、少しだけ幸せな時間を感じることができます。

 

さらに良いことをしたわけですから気分も爽快です。^^

 

 

 

また、良いことをすれば、他であなたに良いことが起こるかもしれませんよ☆

 

神様は見ています♪

 

出会を求めているなら、大人の態度と割り切って、雨宿りしている女の子にどんどん声をかけていきましょう〜^^

雨を出会のきっかけにするコツ関連エントリー

最新記事