居酒屋の女性店員と付き合う方法 − 同情から生まれる恋愛感情

居酒屋の女性店員と付き合う方法 − 同情から生まれる恋愛感情

居酒屋女性店員付き合うためには、どうすればよいか?

 

 

 

以前、『初対面の店員さんを口説く』というのをご紹介しましたが、今回はもう少し深いテクニックです。

 

 

 

それは、”同情から生まれる恋愛感情”を利用する方法です。

 

 

 

これはつまり、

 

女性店員から同情されるようなこと、「この人、なんかかわいそう、、、」と思われるようなことをして女の子の気を引くという方法です。

 

 

 

これは、居酒屋の女性店員だけでなく、コンビニ店員、喫茶店店員などお店で働く女性にはだいたい使える方法です。(お店にもよります)

 

 

 

ただし、お店で働く女性を落とすのには時間がかかりますし、必ず成功するやり方ではありません。

 

 

 

根気がいるアプローチ法です。

 

 

 

どういうやり方かご説明しましょう!

お店に通う

 

とにかくまず顔見知りになることが大切です。

 

 

 

いきなり、告白しても振られますし、連絡先を聞いても教えてくれる女の子はまずいません。

 

 

 

しつこくせまれば教えてくれることもありますが、でたらめな連絡先を教えてくれる場合もあります;

 

 

 

本当の連絡先を教えてくれた場合でも、男からメールやメッセージを送っても女の子が無視することもあります。

 

 

 

段階をふんでスムーズにアプローチするためにも、まずはお店に通って顔を覚えてもらいましょう!

 

 

できれば会話する

 

お店に通えば、タイミングを見計らって会話するチャンスもあると思います。

 

 

 

一言、二言でもよいので会話するように心がけましょう!

 

 

 

居酒屋の女性店員なら、

 

 

「今日のおすすめは?」

 

「どれがおいしい?」

 

 

など、ちょっとしたことでかまいません。

 

 

 

とにかく会話することで印象付けをしましょう!

 

 

ストレートに連絡先を聞く

 

顔見知りになり、会話するようにもなれば、かなり女性店員もあなたに対して親近感もわき、警戒心も弱くなっているはずです。

 

 

 

こうなればタイミングをみて、ストレートに「連絡先を教えてください!」と言ってみましょう!

 

 

 

その時は、女の子の目を見て言うことが大切です。

 

 

 

誠実さ、真剣さを伝えるためです。

 

 

 

女心はストレートに言われると男らしさにキュンとして教えてくれる可能性があがります。

 

 

 

ハッキリと言ってみましょう!

 

 

 

または、

 

「仕事が終わったら食事に行かない?」

 

「今度、プライベートでご飯に行こう!」

 

と誘ってもよいでしょう。

 

 

 

以前、『女性に好意を見せないで好きにさせる』というのをご紹介しましたが、ここでは軽く好意の気持ちを伝えることがポイントです。

 

 

 

「私はあなたに興味があります!」という意思表示ですね。

 

 

 

お店の店員とお客の関係の場合は、多少好意の気持ちを伝えないと意識してもらえないことが多いです。

 

 

 

なので、伝えることで女の子はあなたを「他のお客さんとは違う」と意識するようになります。

 

 

 

ただ、ここで成功すれば問題ありませんが、失敗に終わることも多いです。(^_^;)

 

 

 

ここからが今回ご紹介する”同情から生まれる恋愛感情”のキモです。

 

 

断られてもお店に通う

 

いくら顔見知りになっても会話しても、そう簡単に女性店員がOKしてくれることはないことが多いです。

 

 

 

相手の女性は仕事中です。

 

 

 

仕事に意識が行き、恋愛感情が生まれないのです。

 

 

 

あなたをただのお客さんと見ているからです。

 

 

 

そこを異性として意識してもらうためにあなたができることというと”お店に通い続ける”ことです。

 

 

 

女の子にあなたの好意の気持ちが軽く伝わっていれば、女の子はあなたをただのお客さんではなく、「この間、連絡先を教えてほしいと言ってきた人」「食事を誘ってきた人」と別の見方をしています。

 

 

 

なので、あなたがお店に通うたびに「この人、あたしの連絡先を聞きたいんだろうな・・・」「この人、あたしと食事に行きたいんだろうな・・・」と心の中では思っています。

 

 

 

でも、嫌だからOKしていないわけですが、(^_^;)

 

 

 

ただ、お店に通い続けることで女心にも罪悪感みたいな気持ちが生まれてきます。

 

 

 

「この間、断ったのにまだお店に来てくれる。。。なんか悪いな。。。」

 

 

 

↑こう女心が思うまで通い続けます!

 

 

 

これが”同情から生まれる恋愛感情”です。

 

 

 

同情心が女心の中で生まれると今度は女性店員からあなたに声をかけてきてくれたり、連絡先を教えてくれたりするのです。(うまくいけば)

 

 

 

この「なんか悪いな。。。」と思わせる、思ってもらう行動をとることが、この方法のコツです。

 

 

押してだめなら引く恋愛

 

恋愛はある程度駆け引きが必要です。

 

 

 

好意の気持ちを伝えてだめなら一旦引きます。

 

 

 

この引くという態度が、居酒屋の場合は”(黙ってお店に通う”です。

 

 

 

とにかくお店に通って顔を出す。

 

 

 

一旦断られた後は、しつこく連絡先を聞いたり、食事に誘ったりしません。(←これが”一旦、引く”の意味)

 

 

 

でも、お店には通います。普通のお客さんとして。

 

 

 

ここでの心構えは、以前ご紹介した『女にメールやLINEを無視されてからが恋のはじまり』と似ています。

 

 

 

女性店員が振り向いてくれるまで、黙ってお店に通いましょう。

 

 

 

そのしつこくない態度が女心の同情心を誘います。

 

 

 

「こんなにお店に来てくれて、悪いな。。。」

 

「こんなにお店に来てくれたら、何かしてあげないと悪いかな。。。」

 

 

 

こんな感じで女性店員はあなたのことが気になりだします。

 

 

 

また、もっと印象が良くなれば、

 

「この人、もしかしたらいい人かも。。。」

 

 

 

と思ってくれるかもしれません。

 

 

 

そう思ってくれるまで粘り強くお店に通います。

 

 

 

そこまでしてはじめて居酒屋の女性店員やお店で働く女性を落とすことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居酒屋で働く女性店員をはじめ、お店で働く女性を落とすのは難しいですし、時間がかかります。

 

 

 

それでも、「どうしても付き合いたい!」と思う女性ならがんばって通ってみてください。

 

 

 

あなたの女性に対する本気度、真剣さが伝わるかもしれません。

 

 

 

お金がかかるかもしれませんが;、努力してみてくださいね〜(^v^)/

誘われる男はLINEがうまい!

女性にそのLINEはまだ送るな!

→ すんなり女性の心に入れるLINEの仕方





居酒屋の女性店員と付き合う方法 − 同情から生まれる恋愛感情関連エントリー

最新記事